さいたま市のバドミントンサークルFLYOVER

利用規約

特定非営利活動法人スポーツみらい Lab 会員規約


第 1 条(目的)

特定非営利活動法人スポーツみらい Lab(以下「本会」)は、会員が本会を構成する各種サービス を利用し、心身の育成、健康維持、健康増進、親睦を図ることを目的とする。


第 2 条(会員制)

本会は会員制とし、利用範囲、条件、運営システムについては、会員区分によって別に定める。


第 3 条(入会資格)

本会の趣旨に賛同し本規約を承諾した方で、健康であること。暴力団構成員、会員の円滑な活動 に支障を来す可能性がある方、その他本会が不適当と認める方は入会資格なし。また入会後であ ってもこれらの事象が判明した場合は退会とする。


第 4 条(入会手続き)

本会所定の入会手続きを行い、本会の承認を得た上、定める会費・入会諸費用を納入する。必要 により医師の診断を求めることあり。未成年が入会の場合は、保護者の同意が必要。


第 5 条(禁止事項)

会員は次の行為をしてはならない。
1 施設敷地内での喫煙禁止。
2 暴力行為。
3 大声や奇声を発する行為や、会員や運営スタッフの行く手を塞ぐ行為などの威嚇行為又は迷惑 行為を禁止する。
4 物を投げる、壊す、叩く等危険な行為を禁止。
5 器具・備品の損壊や備え付け備品の持ち出し禁止。
6 正当な理由なく、面談、電話、その他の方法で運営スタッフに迷惑を及ぼす行為を禁止。
7 痴漢・覗・露出・唾を吐く等、法令や公序良俗に反する行為を禁止。
8 刃物など危険物の持ち込みを禁止。
9 会員または本会及び運営スタッフに対しての物品販売や営業行為、金銭の貸し借り、勧誘行為、 政治活動、宗教活動、署名運動を禁止。
10 本会の秩序を乱す行為の禁止。
11 会員証を他人に貸与、使用させることを禁止。
12 会員または本会及び運営スタッフに対して暴言、誹謗中傷、嫌がらせ、睨みつけ、待ち伏せ、 尾行、つきまとい、個人的交友の強要その他の迷惑行為や不適切な行動やみだりに話しかけるな どの行為を禁止。
13その他、本会が会員としてふさわしくないと認める行為を禁止する。


第 6 条(会員費)

会員は、本会の定める会員費を、所定の方法で本会に支払う。当該会員費は、会員費契約締結及び 履行のための必要費用であり、返還はしない。


第 7 条(資格停止及び除名)

本会は、会員が次の一つに該当すると認めた場合は、会員資格の一時停止または除名をすること が出来る。
1 本会の施設を故意に破損させたとき。
2 入会書類に虚偽が判明したとき。
3 本会の備品及び消耗品を無断で持ち出し、使用したとき。
4 会員として品位を損なうと認められた非行があったとき。
5 伝染病等他人に伝染・感染する恐れがある疾病に罹患したとき。
6 本会の合理的な指示・指導に従わないとき。
7 その他本会が、社会通念に照らし、本会会員としてふさわしくないと認めたとき。


第 8 条(会員資格喪失)

会員は、退会・除名・死亡及び失踪宣言をうけたとき、その資格を失効する。


第 9 条(資格の譲渡禁止)

会員資格を他に譲渡できない。


第 10 条(会員証)

現金払いの場合、会員証を貸与し、利用時は提示すること。退会時は返却すること。


第 11 条(会費等の支払い)

本会の定める会費等を所定の方法で支払わなければならない。会費等の種類、金額、支払い期限 及び支払い方法等は本会が定めるものとする。月会費は会員が会員資格を有する限り、利用しな い場合も支払い義務が発生する。


第 12 条(自動決済)

契約期間が満了しても解約の申し出がない限り前回の契約と同一条件にて、引き続き契約が継続 する。自動決済を希望しない場合は、クレジット決済後 web 上にて解約手続きをするものとする。


第 13 条(休業)

緊急事態が発生した場合や天変地異のため活動不可能と判断した場合は、あらかじめ掲示するこ となく全てのサービスを休業することがある。


第 14 条(サービスの利用制限)

本会は、次の理由により本会の一部あるいは全てのサービスを制限及び停止することができる。
1 台風その他異常気象、風水火災、地震、伝染病、近隣の事故等で本会の業務遂行に支障がある とき。
2 施設改造または補修工事実施の時。
3 法令の制度改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化があったとき。
4 その他臨時休業の必要があると認められるとき。


第 15 条(サービスの利用及び事故)

会員は、自己の責任と危険負担において、他の会員と協調し、各種サービスを利用する。
本会は、 会員が利用中に生じた盗難、怪我、その他の事故について、本会の責めに帰すべき事由がない限 り、責任は負わない。会員同士の本会内外でのトラブルについても同様とする。
会員は、本会に 於いて、技量を越えた行為及び危険行為は行ってはならない。


第 16 条(変更事項)

会員は、住所または連絡先等登録記載事項に変更のあった場合は、速やかに web 上にて手続きを するものとする。


第 17 条(諸費用の改定)

本会は、本規約に基づいて会員が負担すべき諸費用を、社会情勢、経済状況の変動等を参考にし て改正することが出来る。この場合、本会は当社ホームページにて会員に告知するものとする。


第 18 条(個人情報保護)

本会は、本会が所有する会員の個人情報を、当社が定める個人情報保護方針に基づき管理する。


第 19 条(細則)

本規約に定めていない事項及び業務遂行上必要な細則は本会が定めるものとする。


第 20 条(改定)

本規約の改定及び変更は本会により為されるものとし、その効力は当該改定及び変更時に在籍す る全ての会員に及ぶものとし、本会が本規約の改定及び変更を行うときはその内容を当社ホーム ページにて会員に告知するものとする。


第 21 条(附則)

本規約は 2021 年 1 月 6 日より施行する。